低糖質麺

急性腎臓病(糸球体腎炎)の食事療法のポイント

投稿日:

糸球体炎の治療方法糸球体炎というのは急性腎炎のと慢性腎炎を意味します。

そして腎臓が原因で起こるものと腎臓以外の病気が原因で起こるものの二つの種類があります。

食事療法としては十分なカロリーを取る事が一つに挙げられます。

カロリーが少ないと体の中のタンパク質を使い始めます。

そうすると尿素窒素クレアチニンなどが増加して腎臓病もっと悪くしてしまいます。

ですので、カロリー不足にならないのに十分なカロリーを摂るようにします。

体重は目安として1キロあたり30キロカロリーから35キロカロリーといわれています。

タンパク質を制限するタンパク質を制限することが必要です。

もしおしっこが出なくなってしまっている場合はたんぱく質の毒素が排泄されなくなるのでカロリーではなくてタンパク質を1日25g以下に制限する必要があります。

そうするとカロリーが足りなくなります。

そうすると糖質や脂質もたくさん活用してカロリーをとっていく必要があります。

そして塩分を制限することも必要です。

塩分は食べてはいけない時期もありますし、場合によっては3グラムぐらい食べてよくなることもあります。

それは腎臓の機能の状態によって少しずつ増やしていきます。

さらに水分の制限が必要です。

水分というのは1日の水分量前日に出たおしっこの量と同量の水500ccだした物が飲んで良い事になっています。

そしてカリウムの制限も必要になります。

カリウムというのは排泄が難しくなるため1日1g以下に制限するようにします。

慢性腎炎の治療方法

慢性腎炎と慢性糸球体腎炎のことを意味します。

慢性腎炎というのはこの世に決められています。

まず急性腎炎になった後1年以上血尿や蛋白尿などが出ている場合です。

そして急性腎炎の症状が出ていなくてもおしっこに異常が1年以上見られている場合
痛風や糖尿病性腎症腎盂腎炎など糸球体以外の原因で尿の異常がずっと見られている場合で
高血圧があるものは慢性腎炎とは呼ばないという風になっています。

発祥の仕方というのは偶然起こることが多く蛋白尿が偶然学校や会社の保険健康診断で指摘されて見つかるということが多いです。

急性糸球体腎炎の原因慢性糸球体炎の原因というのは、免疫複合体が毛細血管に金属して起こることでそれで炎症が起こることです。

主な抗原となるものはb型肝炎やc型肝炎のウイルスマラリアや金属製品などが挙げられていますが、ほとんどの場合は原因が不明になっています。

慢性腎炎にはいろいろなタイプがあります。

程度が軽いものから重いまで様々です。
食事療法に必要な低糖質麺の販売サイトです。

慢性腎炎のタイプ

慢性腎炎にはいろいろなタイプがあります。

重いものから軽いものがであり治療方法は様々です。

そして腎生検という方法で腎臓の一部を切り取って顕微鏡で観察することで診断を付けることはできます。

生検によってわかるのが慢性腎炎にいくつかの種類が分類されているということです。

血尿が多いタイプ血尿が多いタイプでは蛋白尿やべで見てわかるような血尿が出るのは症状です。

そして蛋白尿浮腫が多くてネフローゼ症候群の症状が出ているケースもあります。

そして高血圧やの尿毒症と同時に出ているケースもあります。

そして急性進行性糸球体腎炎というものもありこの場合は予後がすごく良くないです。

そして紫斑病性腎症というものもありiga腎症とほぼ同じような状態なのですが、蛋白尿が出たり足を中心に紫色の斑点が出たり下血や関節痛などが出る場合があります。

慢性腎炎の食事療法は体のエネルギー消費を防いだり体重が増えすぎたりしないように適切なカロリーを撮ることです。

1キロあたりの体重で30キロカロリーから35キロカロリーを摂取するようにし腎臓の機能が普通の時はタンパク質の制限がいい体重1kgあたり1グラムになります。

しかし腎臓の機能が低下している場合ではそれ以下のタンパク量に減らすことが必要です。

塩分の制限を必要で一日6gから8gに制限します。

そして水分を制限することはほとんどないのですが、カリウムを制限する場合はあります。

それは1日1gから1.3g程度です。

-低糖質麺

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした