飲む日焼け止め

紫外線対策はいつからいつまですべき?一年中ってホント?

投稿日:

紫外線とは調べていくうえで紫外線についても知っておくべきではないでしょうか。

紫外線はメリットとしてビタミンDを合成する力を持っています。
紫外線カット剤を使う人が増えている今ではビタミンDが合成されなくなっています。

紫外線にはUVBUVAとUVBの3種類があります。
qvcは一番人間とってダメージが大きいのですが、保存そうで吸収してあまり地方には届きません。

ですので、利用対策を考えるときは主にUVBとUVAについて考えておけばいいです。

まずUVAですが、皮膚の真皮まで達して皮膚を酸化させる作用があります。

そして肌を黒くするという作用もあります。

もう一つにUVBがありますが、これはUVAよりエネルギーが強く皮膚炎症を起こしてヒリヒリとさせてしまいます。

DNAを直接想像する力もあり肌が赤くなって日焼けを起こします。

UVBはやけを起こすということも分かっています。

それはUVBが肌にあたると角質細胞がUVBが当たったということをメラノサイトに伝えます。

メラノサイトはメラニンを生み出して他の細胞に分け与えて黒ずみを作ります。

紫外線の負の側面

紫外線の負の側面が多いということから美容対策には赤外線をカットするべきだということがあります。

紫外線を浴びるとDNAの鎖が壊れてしまいます。

DNAの鎖が壊れるということは日常的にも起こることですが、それだからこそ修復する機能も持っています。

しかしあまりにもたくさんのDNAが壊れてしまうと修復しきれなくなってしまいます。

そうすると皮膚がんのような病気を引き起こします。

皮膚癌が増えた原因にはオゾン層が薄くなって紫外線が届きやすくなったことがあります。

特に南極や北極などの周辺では保存そうが少なくなっていて周辺に住んでいる人たちは私達より強い影響を受けています。

皮膚がんにならなくても美容的な影響は強く受けます。

紫外線に当たり続けているとしみやそばかすが増えていきます。

コラーゲンの繊維が壊れてシワが深くなります。

これは女性にとってかなりデメリットなことです。

紫外線の持っている良いところ

紫外線のデメリットを紹介した後では紫外線のメリットについてみていきたいと思います。

紫外線にはやはり良い面もあります。

まずは先ほど述べたような痛み気を構成する力そして新陳代謝や血行良くすることそして付近などの殺菌をすることができるということです。

そして皮膚病の一部では紫外線を当てることで治すことができることも分かっています。

ビタミンDは食べてもいいですし、自分の体で作ってもいいです。

どちらの場合も同じビタミンDです。

ビタミンDがなかなか作れない人はサプリメントでビタミンを摂取すれば対応することができます。

メラニン色素は紫外線をカットするのでビタミンDを作りにくくします。

ですので、白人より黒人の方がビタミンD欠乏症の人は多いです。

日本人は黄色人種ですので、その中間にあたります。

一般的に普通に食べている場合であればビタミンb型いなくなることありません。

人間には紫外線をカットする力が備わっている紫外線は生物にとって害を与えますが、黙って見ているわけではありません。

体には紫外線に対する抵抗力が備わっています。

まず一つ目はメラニン色素沈着することです。

紫外線が当たるとメラニン色素が沈着し皮膚に損傷が起こるのを防いでくれます。

赤道近くの人達は肌が黒いですが、これは紫外線の影響をなるべく抑える為です。

太陽の光線が弱い北欧やヨーロッパでは肌が白い人が多いのはそのせいです。

日焼けをすると真っ黒になりますが、子供の家には冬になると肌が全部入れ替わって白く戻ります。

しかし20代を過ぎるとそのスピードも遅くなり徐々に戻れる戻らなくなります。

-飲む日焼け止め

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

頭皮・髪の毛の紫外線対策-遠赤外線も影響がある

髪の毛やたいものとは大切なものですので、薄くなってしまうと人間の体を終わらせてしまいます。 ですので、早めに全身を脱毛しない方が良いのではないでしょうか。 脱毛してしまった場合は日焼け止めクリームなど …

no image

焼けやすい人は太陽に負けないサプリで紫外線対策

SPFは紫外線Bをカットしてくれますので、SPFが50のものであれば50分紫外線に当たっても1分しか経っていないぐらいのカット効果があります。 ウォータープルーフは汗にも水にも強い日焼け止めです。 部 …

no image

飲む日焼け止めの選び方、どの成分がおすすめ

飲む日焼け止めの選び方の6つのポイント失敗しないコツとはなお日焼け止めは年々数が増えています。 3年ぐらい前であればヘリオケアを個人輸入するか美容皮膚科でもらうかという選択肢しかなかったのですが、20 …