飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの選び方、どの成分がおすすめ

投稿日:

飲む日焼け止めの選び方の6つのポイント失敗しないコツとはなお日焼け止めは年々数が増えています。

3年ぐらい前であればヘリオケアを個人輸入するか美容皮膚科でもらうかという選択肢しかなかったのですが、2016年から飲む日焼け止めが非常に増えて値段も様々になりました。

c配合されている成分もたくさんです。

そこでとる選んだらいいか分からなくなってしまいます。

いかに6つのポイントをまとめてみました。

飲む日焼け止めを選ぶときの6つのポイントその1メインの成分をチェックまずメインの成分をチェックする必要があります。

紫外線のダメージに効果があるものが入っていないと意味が無いと思います。

命の成分は主にニュートロックスサンそしてフェーンブロックそしてパインという成分です。

これらは色々な研究から効果があることが実証されています。

ニュートロックスサンは

ラストローズマリーから10ブロックはシダ科の植物からパイナップルの成分はパイナップルから飛び出しているもので何も自然の成分を使っています。

外国産か日本製か今では日本製の飲む日焼け止めと海外の飲む日焼け止めどちらを選ぶこともできます。

日本のサプリでもヘリオケアの成分と同じものを配合しているものがありますので、私は相手海外製を買う必要はないと思います。

ヘリオケアは欧米人のサイズに合わせてあるので日本人の私たちにはちょっと大きくて飲み込みにくいですし、やはりサプリを作る工場の基準なども違うと思いますし、体質的な問題もあると思います。

それで国産のものを選びたいと思いました。

値段は重要だと思います。

ニュートロックスサンが紫外線対する保護の力が57日間で34%上がり85日間で56パーセント上がったということです。

やはりそうなると続けたいもの続けるためには値段がある程度重要になってきます。

定期コース最初の値段

は安いですが、2回目から上がってしまうので4ヶ月飲んで平均的にどのくらいかかるのかを重視したらいいと思います。

美肌成分を求めるか日本製のサプリは値段が色々あって迷うところが大きいと思いますが、主に美肌成分がたくさん含まれているものは値段が高く紫外線対策成分に絞っていうものは値段が安い蛍光にあります。

ですので、最低限紫外線対策をしたいという方は紫外線対策成分が入っているものを選べばいいですし、他にサプリなどを使っていなくて美肌硬化も求めたいという場合であれば色々な美肌成分入っているサプリを選んだらいいと思います。

継続するかイベントの時だけ飲むか日焼け止めの考え方は人それぞれだと思います。

日焼け止めサプリも日に当たる30分前に飲む男ずっと飲んで紫外線対する効果をアップするものと2種類があります。

海に行く海外旅行に行くなど一定の時間だけピンポイントで効果を出したい時は短期で効果が出るサプリ
選べば良いと思いますし、将来のシミやシワの対策も兼ねて
日焼け対策をする場合には長く飲み続けていると効果が上がってくるサプリを選んだ方がいいと思います。

-飲む日焼け止め

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

紫外線対策はいつからいつまですべき?一年中ってホント?

紫外線とは調べていくうえで紫外線についても知っておくべきではないでしょうか。 紫外線はメリットとしてビタミンDを合成する力を持っています。 紫外線カット剤を使う人が増えている今ではビタミンDが合成され …

no image

焼けやすい人は太陽に負けないサプリで紫外線対策

SPFは紫外線Bをカットしてくれますので、SPFが50のものであれば50分紫外線に当たっても1分しか経っていないぐらいのカット効果があります。 ウォータープルーフは汗にも水にも強い日焼け止めです。 部 …

no image

頭皮・髪の毛の紫外線対策-遠赤外線も影響がある

髪の毛やたいものとは大切なものですので、薄くなってしまうと人間の体を終わらせてしまいます。 ですので、早めに全身を脱毛しない方が良いのではないでしょうか。 脱毛してしまった場合は日焼け止めクリームなど …