ペットの自動給餌器ノエビアやり方の紹介犬や猫を家の中で飼っていると餌やり悩まされます。

旅行をすることや度々仕事で出張する方昼間留守にしている方一人暮らしで家族が餌をやってくれないなどの時餌やりが問題なってしまいます。

そんな飼い主を楽にしてくれるのがペットの自動餌やり機デメリットはないのか本当に餌が出せるのか商品を見たり比較をしたり選び方のポイントを紹介したいと思います。

ペットの自動餌やり機の特徴いうまでもありませんが、ペットの自動餌やり機は自動で餌を出してくれる機械です。
タイマーが設定されていて一定時間が来たら餌を出してくれます。

そうすると仕事が忙しい時は家を空けている時に連続的に餌をあげることができます。

藤井寺雑種の猫を飼っています。

今ならないで食事制限をしないといけなくて量が足りないとにゃーにゃーと鳴いてしまいます。

そんな猫なので自動的に餌をあげる機会があればいいなと思っていました。

ですが、壊されてしまうのではないか値段も高いという点でなかなか購入することができずそのままにしていましたが、工事で実家に帰ることになり嫌を2日あけてしまう事になってやむを得ず購入しました。

そして旅行法事の間餌を自動的にやってみましたが、実際にとても使いやすくて便利だということがわかりました。

普段は私が餌をあげているのですが、食事制限をしていて太らないようにしているので餌の量がいつも少なくてお腹を空かせているようです。

それで私が近くにいるといつでもにゃーにゃーといって餌を要求しますし、それに負けてしまって何粒があげてしまうこともあります。

ですが、自動給餌器にしてからはそんなことがなくなりました。

イツモ自動給餌器であげているとペットは可哀想ですが、やむを得ず遅くなると嫌朝に会いに後泣かれてうるさいという時は仕方がないと思います。

1日1回はてからあげてあげればいいと思います。

自動給餌器の紹介

様々な自動給餌器があります。

タイマー機能があって銀3回まで餌をやれるものやフードタンクがいっぱい入るもの5gから8gまで設定可能な物乾電池で動くものデメリットとしてはタイマー設定が面倒で電池を交換すると設定がリセットされてしまうのでその点が残念ですが、それ以外にペットウォッチと呼ばれる自動給餌器は一番普及しているものでタイマー機能でい一日5回もでさをやることができます。

タンクの量は700ccで少なめですが、今朝が5gから8g上げることができます。

コンセント式なので設置場所を選びますが、15000円程度で購入することができます。

電池交換の手間が省けるのがメリットですが、餌を入れるタンクが少なめなのでそれがデメリットだと思います。

るすもといわれているペットフードオートフィーダーもあります。

こちらは大容量の餌を自動的にあげてくれる有名なメーカーの製品です。

タイマー機能があってい一日5回まで上げることができてタンクの量は1リットルまで5gから80gまであげることはできて電池式で駆動します。

デザインがおしゃれで簡単に操作ができて設定を保存することができます。

ただし値段が12000円程度と若干高いのがデメリットタイマー機能機能が充実していて機械が苦手な方でも簡単に使うことができます。

デザインがおしゃれだという点もいいと思います。

平べったいタイプの餌やり機まわります。

6回まで餌をやれるなど回数は少ないですが、タンクの量を自分で測って餌を入れて行きます。

音声を録画することもでき5000円500円程度で購入できます。

6個の入れ物があり約2日から3日上げることができます。

一つの入れ物に240mg入れられるのでたくさん餌が必要な大型の犬にも使えると思います。

自動餌やり機を選ぶときのポイントを選ぶときのポイントにはタンクにどれくらい差を詰められるか出せる餌の量や機能そして電池で動くのかコンセントで動くのかというような点に注意したほうがいいと思います。

今はコンセントで動くものや乾電池で動くもの両方使っているものなど様々あり電池式なのは電池が切れる時期があるということもありますが、コンセントタイプであればコンセントの近くに置かないといけないという点もあります。

電池は単1電池を使うものが多くてたい一年家は値段が高めのものが多いですので、注意が必要だと思います。

猫はなぜ爪を研ぐのか

猫は元々狩りをしている生き物でした。

それで爪は獲物を仕留めるときに大切な道具でした。

まず爪を相手に食い込ませて致しと捉えます。

その後鋭い牙で噛み付くという風に詰めた歯を使って獲物を取ってきました。

つまり人間でいえば刀や小野ような存在です。

そのため猫は道具を持っていないので爪を研いで鋭くしてハンティングを行っています。

今は猫は食べ物を餌からもらっています。

ですが、昔の修正はなかなか消して行くことはありません。

それで今でも猫は爪を研ぐのが習慣となっているのです。

爪を研ぐと古い爪が剥がれるヤスリのように傷って爪を尖らせていると思っている方もいるかもしれませんが、実はそのような仕組みで爪が尖っているのではなく古い爪が剥がれて新しい爪が出てくることで爪は尖っていきます。

その証拠に爪を研いだ後にその辺のダンボールや木下を見てみると割れた爪が落ちているのがわかります。

それが剥がれて新しい透明で鋭い爪が出てくるのです。

またその証拠はもう一つあります。

それは前足だけ尖っていて後ろ足はそれほどとがっていないという点獣爪でとどめを刺すのは前足だけです。

ですので、後ろ足は飛ぶ習慣がありません。

そのためつ目の心筋代謝の速度を遅くあまりとがっていない場合が多いです。

いざという時に出すもの爪はいつも出しておいているものではありません。

歩いている時に自然とすり減ってしまいます。

そうならないようにするためにいつもは爪を中にしまっています。

そして獲物が近くに寄ってきたという時だけ爪を飛び出すようにしていますね。

この指を打つと潰すと爪が自動的に出てくるのが分かります。

これは猫は筋肉で自動的に行っています。

猫はなぜ高い所に行きたがるのか

猫をかっていうと高い所に行ってロンドンエアコンのウエア棚の上などに乗ってしまうことがあります。

なぜ猫は高いところが好きなのでしょうか。

一つはぐっすり眠れるから高いところには人間や他の動物が登って来れないので安心して眠ることができます。

それでゆっくりと眠りたい時は高い所に行くようにしています。

特に午前中猫が一番眠い時間は高い所に登ってぐっすりと寝ている場合が多いです。

全てが見渡せる高いところにいると下で起こっていることが全て見えます。

ですので、本棚の下のような見通しが悪いとこよりは本棚の上のような見通しの良い所を好みます。

温かい最後の理由は暖かいことです。

特に冬の場合はエアコンやストーブなどをつけると思います。

が暖かい空気は上の方に行きます。

それで冷蔵庫の上に乗ったりテーブルの上に乗ったりなど高いところを好むようです。

それで高い所に登るとその足でまた降りてくると埃などがついてしまうので高いところに登れないようにしてジャンプを防ぐ必要があります。

なぜ猫はお風呂嫌がるのか猫をお風呂に入れるのは大変です。

わーわーと声を出してしまうこともありますし、体を古い水を飛ばしてしまうことがあります。

全身で抵抗して石鹸でゴシゴシと洗う所ではなくなってしまうこともあります。

なぜお風呂がそんなに嫌なのでしょうか。

実は水に濡れることは陸上の生き物にとって良いことではありません。

私達人間もプールやお風呂に入る時以外に不意に水をかけられたら嫌な気持ちがするでしょう。

鳥は砂浴びをすることがあります。

が好んで自分から水の中に入っている意外大体の場合は水に浸かるのが嫌なものです。

猫も同じように不意にお風呂に連れて行かれてみじや石鹸で洗われるのが嫌いです。

石鹸の匂いが嫌だもう一つは石鹸の匂いやシャンプーの匂いが猫にとっては強すぎるというところがあります。

猫は人間の何百倍も鼻がいいです。

それで人間が心地よいと思っているかおりも猫には強すぎます。

しかも自分の毛の中にシャンプーや石鹸の匂いが染み付いて洗い落としたつもりでおにねこにはプンプンによっていてなめてもなめてもきれいにならないので深いです。

ですので、お風呂を嫌がる猫をお風呂に入れる時は臭いのしない石鹸を使った方がいいでしょう。

子猫の家からお風呂に入れる子猫の家からお風呂に入れる習慣をつけているとそれほどお風呂を嫌がりません。

人間も猫も同じように子どもの家から修正としてお風呂に入っているとお風呂が嫌がることがあまりなくなります。

大人の猫をもらってきた場合はお風呂に入れることは難しいかもしれませんが、赤ちゃんのうちからお風呂に入りておけばそんなに心配なことはありません。

飼い主で

なぜ毛をなめたり体を舐めたりするのか

毛並みを整える猫はいつも体を舐めています。

手足はもちろんですが、背中やお腹そして肛門まで舐めています。

なぜこんなに舐めるのでしょうか。

それは舐めて体の汚れ落としているからです。

猫に舐められた経験がある方もいると思います。

猫の舌はザラザラとしています。

このサラダとした下書きに絡みついた汚れを取るようになっています。

つまり人間がくしで髪の毛をとかすような感覚で猫が自分の体を舐めています。

舐めている時に歯で皮膚を噛んでいることがあります。

投稿日:2017年5月12日 更新日:

執筆者: